年金に対する不信感を打破して信頼を回復するには賦課方式など運用の大幅変更を実施することが欠かせないこと

年金の信頼を回復するには賦課方式を廃止すること

年金の信頼を回復するには賦課方式を廃止すること

年金の信頼を回復するには賦課方式を廃止すること 昨今報道などでささやかれている年金運用がきわめて厳しい状況で未来に暗雲が立ち込めていることがすでに多くの人々の怒りを買いつつあります。それは若い人になればなるほど見返りが少なくなって支払った金額よりももらえる金額が少なくなるという可能性を大きくしていることにあります。そのため国は受給対象年齢を60歳から65歳に引き上げたばかりでなく、60歳までに払う毎月の支払金額も年々値上げばかりされて最終的に16900円ほどを払わなくてはならないように余儀なくされています。またこれだけではまだ不充分だということで近い将来支給開始年齢を67か68歳か70歳にしたい意向が見え隠れしていますし、60歳まで払う年齢も65歳に延長しようとさえしているといいます。

そんな年金に対する不信感かつ悪循環の政策でありますが、この不信感を打破して信頼を回復するにはまず現在の賦課方式を廃止する必要があります。というのは現在の日本の人口構成はかつてこの制度が始まったときのピラミッド型つまり年輩者よりも若い人の方がずっと多い時代の真逆である逆ピラミッド、年輩者の方が多くて若い人の方が少ない構造になってしまっているからです。これでは1人の若者が2人以上の年輩者の金額分を支払わないとならないという羽目に陥ってしまうからです。そのため毎月の支払金額が高すぎて支払えない困窮者がこの景気低迷の時代と相まって続発して未納率が高止まりしている原因になっているのです。ゆえに年金制度は自分が支払った金額分は将来の自分のためだけに運用される一般的な貯蓄と同じような制度に変更する必要があるのであります。そしたら仮に未納期間があったり支払金額が少なかったとしても自分に対してもらえる金額がそれだけ少なくなるだけで済むからです。